わかたも。

ワクワクとシアワセをあなたに。

結婚相手を探すときにまずやるべきこと、大切なこと

      2016/05/08

まずは自分に合った結婚相談所探しから

結婚相手を探すなら、まずは結婚相談所探しからはじめます。

とはいっても、どの結婚相談所が自分に合っているのかは、わかりませんよね。

ですから、まずは資料集めから始めます。

一回の入力で複数の有名結婚相談所の資料を一括請求

そこで、おススメなのが、ハイクオリティな結婚相談所の中から、あなたに最もマッチした相談所をみつけることができるサイト「婚活費用比較君」です。

登録、利用は無料。

わずか1分程度の登録で、希望する複数の結婚相談所から、一括して資料が届きます。

もちろん、資料を請求したからと言って、登録を強制されるわけではありません。

十分に吟味して、自分に合った結婚相談所を選べばいいのです。

あなたは気軽に、はじめの一歩を踏み出すことから始めることができます。

日常生活を漫然と過ごしていても、理想の結婚相手と巡り合う奇跡とはなかなか出会えないでしょう。

重い腰は、いますぐ上げるべきなのです。

結婚相談所の一括資料請求【婚活費用比較君】への申し込み(無料)

結婚したい相手とはいつか巡りあえるのか

今は結婚したい相手はいないけど、そのうち必ず凄い恋に落ちて、結婚したい相手ができる。

あなたはそんなふうに漠然とおもっているでしょうか。

OLをしている園田千里さん(48歳、仮名)は、いつでも結婚できる準備はしていたのに、理想の結婚相手と巡り合えなかったという。

ルックスにも性格にも自信があった園田さんは、いつか理想の男性が現れるまで、自分を安売りしないと決めていたといいます。

しかし、30歳過ぎるとだんだんと恋愛対象として見られなくなり、男性から声をかけられることもなくなってしまったといいます。

それでも、今更妥協するのもいやなので、理想を求めているうちにこの年になってしまったのだそうです。

園田さんは、「早く結婚して、子供を産んで、普通の家庭を築きたかった。学生時代の級友のなかには、もう孫がいる人もいます。いったい、わたしは何を待っていたんだろって、今では思います」。と話す。

結婚と恋愛は別

私は、結婚することが幸せのすべてだとは思いません。

しかし、幸せな家庭を築きたいという願望があるのに、自然な出会いだけに任せていては、なかなか結婚にはたどり着けないでしょう。

焦る必要はありませんが、行動を起こさなければ、なかなかよいお相手には巡り合えないものです。

「いつか、いい相手が自然に現れる」確率は、自動車事故に合う確率くらい低いでしょう。

結婚と恋愛は別だと割り切って、理想の結婚相手を自分から見つけに行かないと、なかなか結婚できない時代なのだと思います。

理想の結婚相手とは

あなたは、結婚相手を「恋愛感情を抱けるかどうか」で選ぶことにこだわりがあるでしょうか。

ある調査結果では、「結婚は契約であり、恋愛感情はいらない」と答えた女性が4割にのぼったといいます。

脳科学的には、恋愛感情は一時的なもので、数か月からせいぜい数年しか持たないのだそうです。

ですから、結婚相手を探すときは、相手の人柄や経済力などで決めるほうが、将来的にうまくいく可能性が高いのです。

では、理想の結婚相手の条件とは、具体的になんでしょうか。

ルックスにはこだわらない

顔がかっこいいとか、背が高いとか、そういうのを結婚相手の条件にする人も多いですよね。

「ルックスにこだわっていると、結婚なんていつまでたってもできないですね」。

そう話すのは、結婚相談所に登録して1年で、めでたくゴールインした鈴木奈美さん(29、仮名)。

「最初はわたしも、男は顔でしょって思ってたんですよ(笑)。だけど、それって、アクセサリーか何かと同じ扱いなんじゃないかなって思い始めて。べつに、友達に見せびらかして自慢したいわけじゃないから、いつのころからか顔はどうでもよくなっちゃった。顔って見慣れてくると、どんな顔でも愛着がわいてくるものですしね」。

なるほど。顔はよっぽど生理的に無理でない限り、あまり重視する必要はないようです。

では、身長のほうはどうでしょうか。

鈴木さんは、身長は高いほうが理想だったという。「身長っていうのは、遺伝的要素が強いじゃないですか。子供にも影響するので、できれば高いほうが将来の選択肢の幅が広がるかなって。でも、優先順位としては低かったですけどね」。

身長は、やっぱり高いほうが、子供も背が高くなりやすい。親心ですね。

やっぱり収入よね

収入が高い男性と結婚したほうが、幸せなのは間違いないでしょう。ですが、お金目当てで結婚するというのも、違うような気がするのですが・・・

「収入は、第一に考えました」。鈴木さんはこう話す。

「収入が厳しいと、共働きで子供にさみしい思いをさせてしまいます。経済力があれば、子供をいい学校へ入れてあげることもできるので、子供の将来の選択肢が広がります。そのうち、両親の介護だってお金がかかるでしょう」。と鈴木さんは説明してくれました。

経済力のない男性と結婚しても、苦労するのは目に見えています。

やはり、ここはシビアに、お相手の男性がどれくらい稼げるのかを見極めておく必要があるでしょう。

年の差はむしろあったほうがいい?

加藤茶さん夫妻は、あれだけの年の差がありながら、とてもよい関係を築いているように見えます。

年の差婚はどうなのでしょうか。

鈴木さんによると、「旦那さんは、年上のほうがいいですね」。と話す。

「私の旦那さんは、私より一回り以上上なんですけど、なんでも許してくれる包容力があって、とても頼りになるんですよ。だから、私も甘えることができて、とっても楽なんです。ときどき旦那が話す懐かしい話も、つまんないかなぁて思ってたら結構おもしろくて。ちがう価値観をもらえてるって感じです」。

男性も、若い女性をお嫁さんにもらうことができて幸せでしょうし、年の差婚というのは案外よさそうですね。

そういえば、最近は芸能界でも年の差婚がはやっていますね。

家事や育児を手伝ってくれるか

奥様としては、家事や育児を手伝ってくれる旦那さんというのは理想ですよね。

鈴木さんは、結婚相手を決めるときに、その点も重視したという。「彼の部屋を抜き打ち的に見せてもらいました(笑)。ちゃんと家事をやってるかなって。コンビニ弁当食べてるとか、部屋が散らかっているとかだと、家事を手伝ってくれる可能性は低いですよね。あと、趣味もチェックしました。パチンコや競馬が好きな人だと、日曜日にどこにも連れて行ってくれないでしょう?オタクでなにかにはまっちゃってる人も、育児とかに関心を示してくれなさそうですよね」。

ちなみに、鈴木さんの旦那さんは無趣味なのだとか。

「うちの旦那さんは、休みの日は家事を手伝ってくれるし、レジャーにもよくいっしょに行ってくれます。ビンゴって感じですね」。

なるほど、そういうのって意外に重要ですよね。ちょっと盲点だったかも。

浮気しないタイプかどうかを見極める

よく、理想の男性像は?なんて聞かれた女性が「誠実な方」なんて答えていますよね。

鈴木さんは、「やっぱり、浮気とかされたら最悪ですよね。ですから、かなり年上で離婚歴のない人に絞りました。結婚歴のない人で結婚相談所にくるような男性は、間違いなくプレ
イボーイではないですから(笑)。女性関係でトラブルを起こすことは、まずないとおもいます」。と自信満々に言い切ってくれました。

「あと、キャバクラ遊びをしていないかも、ときどきチェックしました。夜のいい時間帯に電話をかけてみて、ちゃんと家にいるかどうかをチェックしてました。収入が多い中年男性って、キャバクラ遊びしている人が結構いるんですよね。そういう方は、浮気しかねないしお金を無駄遣いしている可能性が高い」。

鈴木さんのチェックは厳しいですが、いちいち感心させられます。

堅実な性格なら、浮気しないなんていう人もいますが、普段堅実な人ほど羽目を外したくなるものです。鈴木さんのように厳しくチェックしたほうがいいでしょう。

話していて楽しいかどうか

会話が続かない。発想がネガティブで、気が滅入る。そんな相手と一生添い遂げるなんて、ぞっとしますよね。

鈴木さんは、「会話が続かないのは、こちらにも問題がある場合が多いんですよ。答えずらい質問をしちゃったり、相手のことを考えずに一方的に話してしまったり。自分ばかりが楽しもうとせずに、相手を楽しませようとすれば、会話というものは自然に弾むものですよ」。という。

「ネガティブな発言だって、聞き手の気の持ちようですよ。ピース又吉さんだって、ネガティブだけど面白いじゃないですか」。

なるほど、女性だからって男性のエスコートばかり頼りにするんじゃなくて、自分から楽しくするようにしむけることが大切なんですね。

そういえば、何かの記事で、「男性の6割は受け身」だと書いてありました。女性からすすんでリードしてあげることも必要だということでしょう。

自分にとってのプライオリティを設定する

鈴木さんのように、何を優先するかについて、しっかりと考えを持つことが大切だなと思いました。

人によって価値観は違うもの。どうしてもルックスは譲れないとか、やっぱり恋愛感情が大切だとか、そういう人もいるでしょう。

ですが、すべてを欲張って求めるのではなく、「これだけは」ということに絞るのが大切です。

そして、とりあえず付き合ってみることです。

ちょっと話しただけでは何もわかりません。いろいろ話して、どんな生活をしているのかをしっかり見ることも、結婚相手を選ぶうえでとても大切です。

最後は相手がどう思ってくれているか

いろいろと女性にとっての条件を検討しましたが、男性のほうにも選ぶ権利があるでしょう。

鈴木さんは、「最終的には、相手の男性がどれだけ自分のことを好きか、という点が決め手になりましたね」。と説明してくれた。

「やっぱり、いくら条件が揃っていても、この人と一生つきあっていけるのか、と考えると、とっても不安になりました。どうしようかと迷っているときに、彼が私とどうしても結婚したい。といってくれたのです。そのとき、すべての不安がなくなってプロポーズを受ける決心ができました」。

恋愛感情はいらないといっても、最後に後押ししてくれるのは、やっぱり感情なんですね。

結婚したいなら能動的に動く

鈴木さんの話を聞いていると、なにやら婚活というよりは面接官の話をきいているようだったが・・・

鈴木さんは、「一生つきあうという点では、企業が社員を選ぶのと同じでしょう。いや、それ以上です。一時の恋愛感情だけで選ぶほうが、どうかしていると思いますよ」。という。

確かに、結婚相手とは基本的に一生付き合うのだから、十分に納得してからいっしょになりたいものだ。

「そんな私でも、最初の一歩を踏み出すのは、勇気がいりました」。鈴木さんはこのように話す。

「やっぱり、結婚相談所というのはいろいろと不安でした。結婚相談所なんかで相手を決めていいのか。お金がものすごくかかるのではないか。変な人を紹介されるのではないか。ってね」。

そんなときに、背中を後押ししてくれたのが、「婚活費用比較君」だったという。

「婚活費用比較君では、登録も利用も無料で、いろいろな結婚相談所を比較検討できたので、最初の一歩としてはとっても楽でした」。と鈴木さんは説明してくれました。

結婚相談所は、たくさんあって選ぶのに迷います。ですから、とりあえず「婚活費用比較君」に登録して、資料請求からはじめてみるといいでしょう。

結婚相談所の一括資料請求【婚活費用比較君】への申し込み(無料)

まとめ

結婚相手を探すなら、自分に合った結婚相談所を選ぶことがいちばん大切です。

一生を決めるだいじな「婚活」の場を、口コミや噂で決めてしまうと、あとで後悔することになりかねません。

自分の目で確かめて、納得のいった相談所に登録する。

「婚活費用比較君」はあなたに負担をかけることなく、あなたの婚活を応援してくれるでしょう。

 - 婚活