わかたも。

ワクワクとシアワセをあなたに。

乾燥肌は夏こそ気をつけよう!いちばん簡単な乾燥肌対策法

      2015/12/23

夏も、乾燥肌には要注意です。

エアコンや汗、紫外線が、お肌を容赦なく乾燥させます。

また、夏はシャワーを頻繁に浴びると思います。

シャワーの浴びすぎも、乾燥肌の原因になります。

エアコンで乾燥するのはわかりますが、シャワーは水分をお肌に与えているのに、なぜお肌は乾燥してしまうのでしょうか。

1507081329

 

お肌の保湿の仕組み

お肌の表面は、皮脂膜で保護されています。

皮脂膜は、皮膚から分泌された油分(皮脂)と、水分(汗)が混じり合ってできた、天然の保湿クリームです。

皮脂と汗との比率は、2:8くらいがベストだとされています。

皮脂の比率が高くなりすぎると、脂性肌となってしまいます。

逆に、皮脂の比率が低くなりすぎると、乾燥肌となってしまいます。

hishimaku
出典:肌らぶ

 

シャワーや汗で皮脂が少なくなる

シャワーを浴びると、肌の表面の皮脂膜から、油分がシャワーの水に溶け出して、いっしょに流れ出てしまいます。

また、汗をかきすぎると、水分が多くなって皮脂の割合が低くなってしまいます。

同様に、化粧水のつけすぎも、皮脂膜の水分が多くなりすぎて、逆に乾燥の原因となります。

このように、皮脂と水分との比率が崩れてしまうと、皮脂膜を維持できなくなってしまい、お肌を乾燥から守ることができなくなってしまうのです。

では、皮脂膜がなくなると、お肌はどうなるでしょうか。

皮脂膜がなくなると、お肌のもっとも外の部分(角質層)が、直接外の環境に触れることになります。

これはいわば、騎士が鎧をつけずに戦っているようなものです。

risunokishi

 

乾燥肌はいろんなお肌の不調を誘発する

防御膜がなくなったお肌は、無防備です。

無防備になったお肌はどうなるでしょうか。

乾燥や紫外線、摩擦などのダメージが、お肌を直撃することになります。

直接攻撃を浴び続けた皮膚は、内部構造が徐々に壊されていきますので、シワやシミ、吹き出物など、様々な問題が起こってきます。

このように、お肌トラブルの原因が乾燥からきていることも少なくありません。

逆に言えば、乾燥を防げば、様々なお肌トラブルを防ぐことができるということです。

shiwaneko

 

加齢による皮脂バランスの崩れ

年をとると、皮脂の分泌が少なくなる傾向があります。

皮脂の分泌が少なくなると、皮脂膜が保てなくなりますから、乾燥肌になりやすい体質になっていきます。

また、発汗のコントロールもおかしくなってきます。

汗をかきすぎたり、全く汗をかかなくなってしまったりして、皮脂バランスが崩れやすくなります。

年を重ねるほど、お肌の保湿が大切になってくるというわけです。

karei

 

夏こそお肌のお手入れを怠らない

夏だからといって油断をしていると、乾燥肌になっていろいろなお肌のトラブルの原因になるということがお分かりいただけたと思います。

では、どうやって乾燥肌になることを防げばいいのでしょうか。

そう、失われたものを補えばいいのです。

皮脂膜と同じような成分のジェルで、お肌を守ってあげるのです。

お肌を守るのに、余計な成分は必要ありません。

自然由来の良質な油脂が、適切な割合で含まれている保湿ジェルを選ぶことがポイントです。

 

どのような保湿ジェルが効果的か



乾燥を防ぐことに特化したジェルを選ぶと良いでしょう。

アクシリオ「アクアテクトゲル」は、保湿についてとことんこだわったジェルです。

この保湿ジェルをを使えば、お肌を自然に限りなく近い状態で保湿することができます。

1ヶ月分のお試しセットが、初回に限り格安で販売されていますので、乾燥肌が気になる方は試してみるといいでしょう。

詳しくは、下のリンクをクリックして、「アクシリオ」のサイトをご覧ください。

>>乾燥肌の方は必見!簡単にできる乾燥肌改善法

 

 - 美容